「注文住宅を考えているけど、中庭って必要なの?」
「中庭を作るメリットやデメリットが知りたい。」
注文住宅を購入する際に、中庭を作るか迷われる方は多いと思います。そこで今回は、中庭を作るメリットとデメリットについて見ていきましょう。

中庭を作る際のメリット

早速、中庭にはたくさんのメリットがあります。早速、どのようなものか見ていきましょう。

*部屋が明るくなる
注文住宅を購入する際に、明るさで悩まれる方はたくさんいらっしゃいます。中庭によって、家中に明るさを与えることができます。特に北側に面している部屋だと日光が当たりにくいのでおすすめです。

*自宅に遊び場ができる
中庭を作ることで自宅に新たな遊び場を設けることができます。特に、小さいお子さんをお持ちの方なら、休日や空いた時間に遊ばせることができます。ちょっとした遊具や砂場を設置すれば、親の目の届くところで遊ばせることができるので安心です。

*風通しがよくなる
中庭を作ることで風通しがよくなります。中庭をつくるために、家の形をコの字や凹凸型にするため、窓の数も多くなり風通しがよくなります。

中庭をつくるデメリット

中庭をつくることにはデメリットもあります。代表的なことをいくつか紹介します。

*費用がかかる
中庭を作ると住宅の形を工夫したり、窓を複数つけたりしないといけないので、費用が掛かります。また、中庭をほかの部屋との通路の一部として使う場合にも費用が発生するので注意しましょう。

*定期的なメンテナンスが必要
中庭を設置することでメンテナンスが必要になります。具体的には、雑草の処理や塗装、防水対策です。簡単なものなら自分たちで行えますが、専門的なメンテナンスでは業者の方に依頼する必要があります。その分費用がかかるので注意しましょう。

*外の空気の影響を受ける
風通しがいい分、外の空気の影響をかなり受けます。特に冬場は冷たい風が入ってくるので対策が必要です。具体的には、厚手の窓を用意することが有効です。

□まとめ
以上が、注文住宅で中庭を作る際のメリットとデメリットです。部屋が明るくなったり、風通しがよくなったりすることが主なメリットです。ただ、費用やメンテナンスが必要というデメリットもあります。今回の記事を参考にして満足のいく中庭を作ってみてください。
また、すまいポート21各店には注文住宅に関する専門の知識を持つスタッフがいます。もし相談したいこと等があれば、ぜひお問い合わせください。