お恥ずかしながら、私自身の失敗例をご紹介します。

とにかく広いリビングが欲しかったので、狭い敷地ながらできるだけ多くのスペースをリビングに使い、居心地の良い空間にとがんばりました。
今でも大変気に入っているのですが、雨の日には「残念なリビング」に変わってしまします。
家づくりの時は全く気にしなかったことが今では一番の後悔。
それが、これ↓↓

そうなんです。
洗濯物を室内に干す場所が無いのです。
つまり、一番日当たりが良く風通しが良いリビングが恰好の物干し場に。
一応、脱衣所には洗濯物を掛けるスペースはあるのですが、重さ制限があり、全ての洗濯物を干せないのです。
それに脱衣所なのでやはり乾きにくい欠点もあります。
家づくりの際には、晴れの日もあれば雨の日もある、そして洗濯もするし掃除もする・・・という当りまえの行動を一から考え直すとより暮らしやすい家になるのでしょう。

↑の写真にもあるように、せっかくの観葉植物も洗濯物とミスマッチな状態になっています。
それに雨の日だけではなく、花粉の時期は天候に関わらず室内干しに。
これだったら、もう少しリビングが狭くても良いから物干し場を造れば良かったな・・と心から反省しています。