これから住まいをリフォームすることを考えていらっしゃる方であれば、補助金制度も意識されているのではないでしょうか。そんな補助金制度ですが、今はどのよう内容になっているのでしょうか。
今回は2018年現在、どんなリフォームに対してどれくらいの補助金が給付されるのかということをご紹介します。

省エネ改修補助金

これは、「断熱改修」と呼ばれる、住宅に外気と内気を分断してくれる高性能な断熱材や窓を導入する工事を行う際に国から給付される補助金のことを指します。
この補助金の金額は最大で120万円だとされています。
またこの補助金は既存の住まいに断熱性能を付けたした場合にのみ支給され、新築の建設に対しては支給されません。
 

地域型住宅グリーン化事業

これは「低炭素住宅」や「長期優良住宅」のような省エネを意識した住宅や耐久性能に優れていると判断された木造住宅を建てるときに給付される補助金のことを指します。
この補助金はおもに新しく住宅を建てる場合に適用されるものですが、ゼロエネ住宅であれば、リフォームでも補助金給付が可能です。
この補助金は最大で100~165万円受け取ることができます。
 

ZEH支援事業

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことを指します。
ZEHを簡単に説明すると、創出エネルギーから消費エネルギーを引いたときにその値がゼロ、もしくはそれ以上の住宅のことを指します。
 

今住んでいる住まいに太陽光発電を設置するなどして創出エネルギーで消費エネルギーをカバーできるようなリフォームを行う際に補助金が給付されます。
またこのZEH支援事業の補助金に関しては、リフォームだけでなく新築にも適用可能です。
この補助金は最大で70万円受け取ることができます。
 

長期優良リフォーム補助金

長期優良住宅とは、地震や台風などの自然災害に対して強いなどの耐久性があり、さらに省エネも意識している住宅のことを指します。
この補助金に関しては、最大で300万円が支給されます。
 

家庭用燃料電池システム導入支援事業

この家庭用燃料電池システムとは、エネファームのことを指しています。
エネファームを導入することに対して最大で12万円の補助金を受け取ることが可能です。
またこの設置に関してはリフォームでも新築でも補助金を受け取ることができます。
 

今回はリフォームをする際に受けとることのできる補助金についてご紹介しました。
中には、新築の場合しか受けることのできない補助金や、リフォームの場合にしか受けられない補助金もありますので注意が必要です。
リフォームをお考えの際には、以上の項目をぜひ参考にしてみてくださいね。