住宅の購入は一生に一度のお買い物。そのため、家族と一緒に快適で楽しく過ごせるお住まいにしたいですよね。
特に、新築住宅を検討されている方の中には、将来的にお子様が生まれることを考えると、子育てのしやすいお住まいを希望されることでしょう。
そこで今回は、新築の注文住宅をご検討の方に向けて、子育てのしやすい間取りについてご紹介致します。

LDKは開放感ある間取りにしよう

LDKとは、家族みんながくつろいだり食事をしたりするスペースですよね。
そのため、家族が自然と集まるような空間を作り出すためには、「開放感」がポイントです。
オープンな空間にすることで、家族みんなが自然と集まり話しやすくなり、家族のちょっとした変化にも気づいてあげることができます。
また、お母さんはキッチンからお子様の様子を見守ることができるので、家の中で安心して家族と楽しく過ごすことができます。
「開放感」を実現するためにはデザインだけではなく、日当たりや風通しが良いことも重要です。
開放感あるLDKをご検討の際は、こちらのポイントを取り入れてみてください。

成長とともに可変性のある子供部屋を

住宅を購入される際、子供部屋の大きさや数がどれだけ必要なのか悩まれるかと思います。今はお子様が一人だけだとしても、これから新しい家族が増えるかもしれませんよね。
子供は成長するにつれて、自分だけの部屋が欲しくなります。そのため、子供の成長とともに子供部屋も変化していく必要があります。
後々の間取り変更が比較的容易にできるよう、子供部屋は可変性のある間取りにすると良いでしょう。

リビング階段で家族と毎日顔を合わせる

リビング階段があることで、毎日家族と顔を合わせることができます。
リビングを通らないと2階に上がることができないため、必然的に家族と顔を合わせる機会が増えます。そのため、家に誰がいるのか、外に出たのか把握しやすくなります。

□まとめ
今回は、新築の注文住宅をご検討の方に向けて子育てのしやすい間取りについてご紹介致しました。
住宅において大切なのは、家族が安心して快適に暮らせることです。
特にこれから出産予定の方や小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の場合は、子育てのしやすいお住まいが最重要視するポイントですね。
新築の注文住宅をご検討の際は、ぜひこちらの記事をご参照いただければ幸いです。