みなさんこんにちは。
新築の注文住宅をお考えの方は、理想のマイホームに思いを巡らせることはとても楽しいですよね。きっと家族全員で話しあって、必要な間取りや設備を決めて行きますよね。
理想のお住まいに近づくためには、家の構想を伝える打合せが非常に重要です。
新しいお住まいが成功するかどうかは打合せにかかっていると言っても過言ではないです。

そこで今回は、打合せで理想の注文住宅に近づくためのコツをご紹介いたします。

建築会社の話を聞く

打合せのコツとして、まずは建築会社のこだわりを聞いてみましょう。建築会社の得意とすること、強み・特徴を理解して工事の依頼をすることは、とても大切です。
安心して契約したものの、期待通りの仕上がりに至らなかったなんてこともあります。そのため、まずは建築会社の得意分野をよく聞き、理解の上で検討すると良いでしょう。

イメージ共有をしっかりと

住宅建築の失敗でありがちなのが、依頼側と施工側のイメージの認識の違いです。
お互いの認識にズレが生じることで、期待とは違う仕上がりになってしまうことがあります。すでに出来上がってしまったものをまた取り壊して作り直すには、時間とお金がかかります。
そのような事態にならないよう、打合せの段階でしっかりとイメージの共有をしておきましょう。

打合せの時間を短縮しない

忙しい場合など、打合せにあまり時間をかけたくないことも。そのため一度に全てを決めがちですが、そうなると細かいところまでじっくりと考えることができず、あとで後悔‥なんてことも。
しかし、大切なマイホームです。ゆっくりじっくり検討し、考える時間を持つことをお勧めします。

他社のプランと比較する

少々面倒かもしれませんが、一つの建築会社だけではなく複数の建築会社の見積もりをもらいましょう。
そうすることで、他社と比較することができ、より理想に近い住まいのプランを提案されることもあります。

■まとめ

今回は打合せで理想の注文住宅に近づくためのコツについてご紹介いたしました。
これから新築の注文住宅をご検討の方は、失敗しない家づくりのためにぜひ今回の記事を参考に業者との打ち合わせを進めてみてください。