「二世帯住宅に住みたいけれど、どれくらいの費用がかかるのかな?」このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
二世帯住宅に住むためには、普通の住宅からリフォームするケースと、新築から二世帯仕様にするケースが考えられます。今回は、二世帯住宅へリフォームする場合と、新築で二世帯住宅にする場合の費用相場をご紹介します。

二世帯住宅にリフォームする場合

一世帯のみが生活できる住宅から二世帯住宅にリフォームする場合、どの設備を増やすのかをよく考えなければいけません。ある程度の設備は二世帯で共有してトイレやお風呂のみを別にするのか、それとも玄関などから全て別にするのかによって、必要になる費用が大きく異なるからです。
例えば、トイレを2つに増やすだけで足りるなら、そこまで大きな費用はかかりません。
逆に、ほとんどの設備を2倍にするような大掛かりなリフォームを行うためには、ある程度の費用が必要となります。
このように、必要費用には幅がありますが、多くの場合は限られた土地の中でスペースのやりくりをしなければいけないため、部屋の構造をも変える大規模なリフォームをすることになるでしょう。
そのため、リフォームといえども二世帯住宅にするための費用相場は約1250万円程度を見ておく必要がありそうです。

二世帯住宅の新築を建てる場合

新築を二世帯住宅にするといっても、二世帯住宅には様々なスタイルがあります。
家の全ての設備を共有する「完全同居型」の二世帯住宅や、全ての設備を2つずつ作って生活スペースを分離してしまう「完全分離型」などがあります。
「完全同居型」にすれば、普通の一戸建てを建てる場合と費用はほとんど変わりません。
一戸建てを建てるための相場は、坪数によって変動がありますが、だいたい1500万円から2000万円くらいの間であると言われています。
完全同居型の二世帯住宅なら、1500万円から2000万円程度で二世帯住宅を建てることができるということです。逆に、「完全分離型」にしようと思うと、家を2つ建てるのと同じくらいの費用がかかってしまいます。30坪の土地に建てる住宅でも、だいたい3000万円くらいかかるでしょうか。もちろん坪数が大きくなるとかかる費用も大きくなります。

□最後に
今回は、二世帯住宅へリフォームする場合と、新築で二世帯住宅にする場合の費用相場についてご紹介しました。どれくらい設備を共有するのかによって、かかる費用は大きく異なります。二世帯でよく話し合って共有する設備を考えてみてくださいね。