「二世帯住宅を購入したいけど、費用の面が心配だな。」
「二世帯住宅でローンって組めるの?」
注文住宅のローンはよく聞きますが、二世帯住宅のローンってあまり聞かないですよね。
どのようにローンを組むのか気になる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、二世帯住宅を検討されている方必見のローンの組み方について紹介します。

二世帯住宅のローン

二世帯住宅のローンには2種類あるのをご存知ですか?まずは、2種類のローンについて紹介します。

親子リレー返済

このローンは、親世帯が借りたローンを子供の世帯が受け継いで返済していくものです。二つの世帯が一緒に住んでいる二世帯住宅ならではの組み方になります。ただ、二世帯でローンの引継ぎを行うには、一定の条件があるので注意しましょう。
例えば、「引き継ぐ人が上の世帯の子供か孫であること」「親世帯の年齢が70歳未満であること」などがあります。また、親世帯に十分な資金があり、ローンを返済しきれる場合は払いきることも可能です。その場合、子供の世帯は一切ローンを支払わずに済むのでお得です。親子リレー返済では、加入する保険で適用されないものもあるので注意しましょう。

親子ペアローン

先程の親子リレーローンとは異なり、親世帯と子供の世帯で同時にローンを支払うのが親子ペアローンです。支払う金額は頭金を除いた残りの金額です。もし、頭金が1000万円で残りの金額が4000万円の場合、2000万円ずつを二つの世帯で分けて支払います。
このローンのいいところは、ローンを借りる値段が半分になるので借入限度が半分になること。住宅ローンの控除が受けられるところです。ほかのことにもお金を使わなければならないという方におすすめです。

ローンの組み方

最後にローンの組み方を紹介します。

*融資を受ける機関を選ぶ
融資を受ける機関を選びます。民間の自治体や金融機関など、たくさんの機関があるので自分の頼みやすいところを選びましょう。

*金利を選ぶ
次に、金利の種類を選びます。固定金利と変動金利があるので資金の状況などから選んでください。

*審査を受ける
最後に審査を受けます。たくさんの書類やデータが必要なので準備しておきましょう。審査が終わればローンを組むことができます。

□まとめ
以上が二世帯住宅のローンとその組み方です。二世帯住宅には、注文住宅にはない組み方やプランがあります。今回紹介した記事を参考にローンを検討してみてください。