注文住宅をお考えの方必見です|高気密高断熱構造のメリットとは?

最近「高気密・高断熱の住宅が良い!」と耳にする機会があると思います。
特に、これから新しく住まいを建てようとお考えの方であれば、住まいの構造を高気密・高断熱にした方が良いのか悩まれているのではないでしょうか。

そもそも高気密・高断熱の住まいが良いと言われている理由が何なのか気になりますよね。
そこで今回は高気密・高断熱構造の住まいにするとどんな良いことがあるのか、そのメリットをご紹介していきたいと思います。

高気密・高断熱の住まいとは?

高気密・高断熱の住まいとは、床・壁・天井といった住まいの表面を覆う部分に断熱材を使用することによって、気密性や断熱性を高めた住まいのことを指します。
気密とは、住まいの隙間をできる限りなくして、内側と外側の空気の混合を避けることを指します。また、断熱とは、断熱材と言われるものを壁や天井などに使用することで、住まいの内側の熱を外側に発散させないようにする、もしくは住まいの外側の熱を内側に侵入させないようにすることを指します。

この気密性と断熱性に優れた住まいのことを「高気密・高断熱構造住宅」と呼ぶのです。

高気密・高断熱住宅のメリットとは?

では、気密性が高く、断熱性の高い住まいにはどんなメリットがあるのでしょうか。
一言で説明すると、高気密・高断熱住宅に住むと、夏は涼しく冬は暖かい、そんな快適な暮らしをご家族と送ることができます。

これは、夏の場合、住まいの外が暑くてもその熱を住まいの中に侵入させることなく、住まいの中でかけた冷房を外に逃がさない性質を持つからこそ実現できることです。
また冬の場合、住まいの外の冷えた空気を遮り、住まいの中で温めた空気を外に逃がしません。
結果として、高気密・高断熱住宅に住むと光熱費にかかる費用を大幅に減らすことができます。
お財布に優しく、地球温暖化が懸念されている今、環境にも優しい住宅を選んでみませんか?

今回は高気密・高断熱住宅のメリットをご紹介しました。
エアコンやクーラーを使用する量が減って、環境にもお財布にも優しい高気密・高断熱住宅は、大変人気を集めている住宅です!
「高気密・高断熱住宅に興味を持った、もっと知りたい」という方がいらっしゃいましたら、ぜひすまいポート21までご相談ください。
弊社スタッフがあなたの素敵な住まいづくりをお手伝いいたします!