注文住宅の打ち合わせ期間はどのくらいかかるのでしょうか。ライフステージの変更に伴って、住宅を建てる方は多いと思います。そのため、住宅を建てる際はしっかりと計画を立てたいですよね。

具体的にどのくらいの打ち合わせ期間がかかるのかを見ていきましょう。

打ち合わせの内容について解説します

打ち合わせは大きく分けて3つのタイミングで行われるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

工事が始まる前

もっとも重要な打ち合わせとして考えられているのは、工事が始まる前の打ち合わせです。具体的には、資金計画、間取り、外装・内装の設備選び、外構工事などの詳細を詰めていきます。

家は一生ものの買い物なので、妥協したくないですよね。回数は多くなるかもしれませんが、妥協しないためにも、これらの打ち合わせをしっかりと行っていきましょう。

打ち合わせに入る前に、どのような理想の住宅にしたいかを明確にイメージしておくことをおすすめします。なぜなら、もし担当者にうまく伝えられなかった場合は修正するのに多大な費用と時間がかかってしまうためです。

工事中

しっかりと設計通りに工事が行われているかどうかやスケジュールの確認などを行います。このタイミングで打ち合わせを入れる会社と入れない会社があるので、確認すると良いでしょう。

完成した後

主には支払いや契約の確認などを行います。アフターサービスや保証などがあるかどうかを確認します。また、トラブルがあった時にどのように対応するべきかについてしっかりと担当者に聞いておきましょう。

次に、具体的な期間について解説します。

打ち合わせを開始してから完成に至るまでの期間はどのくらいなの?

子供が大きくなって、学校が始まるタイミングで住み始めたかったのに、完成が遅れて住めない状況になってしまうと困りますよね。建設のスケジュール調整がうまくいかなかったために、トラブルが起きてしまうと大変です。

期間ついてのトラブルも未然に防ぐためにも、打ち合わせを開始してから契約に至るまでの期間について知っておきましょう。

先述したように、打ち合わせのタイミングは大きく分けて3つあります。もちろん、どのような住宅を建てるかによって、打ち合わせの回数や中身も大きく変わります。

目安としては、10回程度打ち合わせがあると考えておくと良いでしょう。週一回打ち合わせをすると考えると、最短でも3ヶ月程度はかかります。多い方だと半年程度かかることもあるでしょう。

 

■ まとめ

この記事で紹介したように、打ち合わせは最短でも3ヶ月程度かかります。そのため、自分のライフステージの変化に合うタイミングを見計らって打ち合わせを開始していくと良いでしょう。

しっかりと打ち合わせを行って素敵な注文住宅を建ててくださいね。