水回りは住まいのなかでも使う頻度が高いため、リフォームの必要性が出てきやすいところです。リフォームが早すぎると費用が高くなりますが、遅すぎると生活に支障が出てしまいますよね。

このように、どのタイミングでリフォームをするべきなのか、何に気を付けるべきなのか分からない方も多いと思います。そこで今回は、水回りリフォームのタイミングと注意点についてご紹介します。リフォームをするかどうか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

水回りリフォームのタイミングはいつ?

一般的に、水回りリフォームは設置から10年~20年経ったタイミングで行います。水回りは目に見えて老朽化していなくても、見えない部分の腐食や劣化が進んでいることがあります。この場合、リフォームの費用も高くなってしまう可能性があるでしょう。

できれば10年~15年の周期で定期的に水回りのリフォームを検討すると安心です。また、リフォームの方法によっては、修繕をすると同時に、節電や節水性を高められます。光熱費や水道代の節約にもつながるため、10年〜15年経ったタイミングでぜひリフォームを検討してみてください。

リフォームしたほうが良いサインとは!

次に、水回りに不具合がある場合、どんなサインが現れるかをご紹介します。こちらも、リフォームのタイミングを考える際の参考にしてみてください。

キッチンは毎日使用する場所であり、調理による汚れや不具合が発生しやすいです。蛇口周りから水が漏れている、排水口やシンク下から異臭がする、ガスコンロの火がつきづらいといった症状がある場合にはリフォームの検討をおすすめします。

お風呂は常に湿度が高い状態になっているため、特に劣化が進みやすいです。シャワーから水漏れがある、排水口が詰まっている、浴槽や床にひび割れがある、排水口から異臭がする、といった症状がある場合はリフォームを検討しましょう。

トイレは、ウォシュレットや水回りに注意が必要です。タンクや便器から水漏れがあったり、排水に詰まりがあったり、ウォシュレットに動作不良があったりする場合にはリフォームを検討するのが良いでしょう。

水回りリフォームの注意点とは

水回りに設置する機器は、とても種類が豊富です。どんな種類の設備を選ぶかによってリフォームの金額に大きな差が出るため、設備費用についてはきちんと確認するようにしましょう。

例えばトイレのリフォームをする場合、最新型のタンクレストイレを設置すると空間が広くなります。ところが、タンクレストイレを使用する場合は、どこで手を洗うのかという問題が発生します。トイレ内に別で手洗い場を設置するとなると、さらにリフォーム代がかさみますね。

また、ユニットバスをリフォームするときは、設備の撤去や取付工事以外にも、電気工事や排水管工事などの工事が必要になります。リフォームの範囲を確認して、どこに費用がかかるのかしっかりと把握しておくことが大切です。

水回りリフォームを依頼するときは、事前に施工の範囲と予算をイメージしておきましょう。イメージを固めておくことで、リフォーム会社との話し合いもスムーズに進みます。

 

■ まとめ

今回は、水回りリフォームのタイミングと注意点についてご紹介しました。今回の記事を参考にして、一度住まいの水回りをチェックしてみてはいかがでしょうか。

すまいポート21では、一級建築士がお客様のお悩みをヒアリングし、複数社からベストなリフォームプランを提案させていただきます。リフォームに不安があったり、予算をどれくらいかければ良いか分からなかったりする方にも、中立・公平な立場からアドバイスさせていただきます。

リフォームに関して気になることがある方は、お気軽にお問い合わせください。