最近は急に秋めいて、あんなに暑かった夏が少し恋しくなってきました。
週末こそは部屋の掃除をしよう!と部屋を見回してみたところ、ふとしたことを思い出しました。それが今回のカウンター天板の「穴」。

その穴、↓(左)のような状態で利用します。
棚に空いた穴

なーんだ、って感じですが、でも意外に便利なのです。
以前、私は掃除が大嫌いというお恥ずかしい記事を書かせていただいたことにも関連するのですが、掃除を楽にしてくれる便利な「穴」なんです。
デスクトップ型のパソコンを使用していますので、穴があればモニターはカウンターの上、パソコン本体は足元に置け、穴を通してケーブル類をつないでいますので見た目はすっきりしますし。ケーブルが邪魔になることもほとんどありません。

↓はまだ使用していない、寝室に作ったテレビ用カウンターの穴。
棚に空いた穴

今は必要ないのですが、将来きっと寝室にテレビを置くでしょう!!と仮定し、棚を2段作ってもらいました。
上の段には薄型のテレビ、下の段には周辺機器が置けるようイメージしています。
そして2段にすることでコンセントを上下に付けるのか?という問題が出てきますが、上の天板に穴を開けることで上下どちらかで良くなります。
見た目を考えて下段にコンセントを作ってもらったのですが、周辺機器が入った後では使いにくいですね。上段にコンセントで良かったかも・・・とここは少々反省点です。

この天板の穴、使わない時でも邪魔になることは無いのでおすすめです。
家電やパソコンなど置く予定のスペースには
「穴」があったらもっとすっきりするかな?と、考えてみて下さい。

この寝室のテレビ棚が欲しくて作ってもらったものの、奥行きの問題がありました。
押入れの並びに、押入れの半分の奥行の棚を作ると、裏側半分のスペースが余る・・・ということで、裏側に奥行半分のクローゼットを作ってもらいました。

棚に空いた穴

これが使いやすくておすすめです。
特にリビングのクローゼットにするなら、奥行きはあまりない方が丁度良いのですね!!
DVDや日用品のサイズともぴったりでした。