注文住宅の悩みのタネのひとつは、「建築会社選び」です。
多くの人が、せっかく注文住宅を依頼するなら、納得のいく住まいにするために信頼できる建築会社に依頼したいと考えるでしょう。
それだけでなく、「あなたの住まいの理想を実現できる建築会社」に出会いたいですよね。

工務店とハウスメーカーの違いを把握していないと、あなたの理想を実現してくれる建築会社を見逃してしまうかもしれません。
今回は、両者の違いについてお伝えします。

◆工務店は地元に根付いた力がある

工務店は、住まいの建設を請ける、地元に根付いた建設事業を営む業者を指します。
工務店とひとくちに言っても、実際には多くの工務店が他の工務店と差別化をはかろうとし、独自のプランや特徴を持っているので内容が様々です。

価格

ハウスメーカーと違い多大な宣伝広告費をかけない分、建築費用をおさえることができる場合があります。
宣伝広告の代わりに口コミでの評判獲得を狙う工務店は、一定の評判があれば信頼できると言えるでしょう。

技術力・品質

工務店によって違うので、一概に良し悪しを述べることはできません。
当該工務店の実績を見て、希望する住まいを実現できる技術力があるかを確かめましょう。
施工現場や、完成見学会のイベントでご自身の目で確かめるのも良い方法です。

工期

大きな工場を持たない(場合が多い)工務店は、ハウスメーカーよりも完成までの時間がかかります。
これは、依頼者の理想を十分に検討する結果なので、長い工期の分住まいへの強いだわりを実現できる可能性があります。

◆ハウスメーカーは全国に展開する力がある

ハウスメーカーは、全国展開しており、全国各地の住宅展示場にも出展しています。
会社により、鉄骨系、木質系、ツーバイフォーなどの商品ラインアップをもっています。

価格

ハウスメーカーは、宣伝広告費を比較的多くかける傾向にあります。そのため工務店よりも建築価格が高くなる場合があります。
全国展開しているだけあって、信頼性は心配ありません。

技術力・品質

全国展開しているハウスメーカーは、自社独自の研究施設を持ち新しい技術開発と商品開発を行なっています。自社工場を持っているのも特長のひとつです。

工期

地元工務店よりも短い工期で住まいの建設を終えることが期待できます。
ハウスメーカーはすでに完成した住いのモデルを商品としているため、建設方法が一定であるためです。

◆【おわりに】
あなたの理想の住まいを実現するには、工務店とハウスメーカー、ビルダーどの建築会社に依頼するのが最適か見極めることが大切です。