日本の家には独特の天井があります。生きてきてこれまで、何度、天井を見て人生を振り返ったことか?
天井を建築の観点からその機能を調べてみますといろいろあることが分かります。まず、室内の温度調整があげられます。同時に、明るさの確保があります。さらに、収納、屋根裏からの塵埃の落下防止といった機能もあります。この3つの機能はとても分かりやすいですね。確かに天井の高さによって、部屋の空間が違って感じられます。広い部屋なのに天井が低かったり、天井を暗い色彩の色にしてしまうと圧迫感を受けますし、また、住宅でむやみに天井が高いと冷暖房が大変です。

青木邸の天井

青木邸の天井

上記の写真は私が直接、撮影しました青木邸の天井です。見事な天井でしょう。この天井は格天井(ごうてんじょう)の杢目(もくめ)調のものです。日本の家の伝統を如実に表現していると言えます。