夢のマイホームを実現する時は、デッキも合わせて欲しいとお考えの方は多いと思います。しかし、生活する上で必ずしもデッキが必要ではないので、予算の都合で建築しない選択をされる方も多いと聞きます。デッキがあれば、家族や友達を交えてのバーベキューや好きな家庭菜園、ペットの憩いの場として…など使うシーンを想像し夢が広る大切な場所でもあります。
実際、デッキにはどんな種類があるのか、メンテナンスの必要の有無などを知ったうえで本当に必要かをもう一度考えてみるのも良いのではないでしょうか。

デッキの種類は、大別してウッドデッキタイルデッキの2種類に分けられます。
さらに、ウッドデッキには枕木などに代表される天然木のウッドデッキと、人工木材のウッドデッキの2種類があるのです。

ウッドデッキの種類

自然木

アイアンウッド”鉄の木”と呼ばれるウリン

東南アジアが原産の世界でもっとも硬い木のひとつ。ヨーロッパでは、アイアンウッド”鉄の木”と呼ばれるウリンは、防腐性に優れた高耐久材です。他の樹種と比較しても、材質が安定しており割れ・反り・曲がりが少ないのが特徴です。ポリフェノールを含有しているので、虫害に強く、薬剤処理の必要がありません。美しい木肌・色合いとメンテナンスフリーが魅力のデッキ材です。

耐朽性に優れたウエスタンレッドシダー
耐朽性に優れ、軽く加工しやすく人気の高い木材、ウエスタンレッドシダー。カナダでは、「生命の木」として崇められており、トーテムポールやカヌー、住居の外壁の材料として利用されています。特有の芳香を放ち、ヒノキチオールという成分を含み天然の殺菌力・防虫力を持っています。温度・湿度の変化による膨張や収縮が少なく、デッキ材に適している木材です。

人工木

自然木に比べて、メンテナンスが容易で耐久性に優れた人工木「樹脂デッキ」は、木粉に樹脂を混ぜて作られており、自然木に近い風合いを楽しむことができます。樹脂デッキのメリットは耐久性の高さです。シロアリが寄り付く配もなく安心です。日差しを浴びても変色することが少なく、美しさを長期間メンテナンスフリーで楽しむことができます。防腐処理やシロアリ対策、塗り直しなどが不要な点は大きなメリットと言えます。種類・カラーバリエーションが多いこともメリットです。
一方、デメリットとしては熱を持ちやすいということです。高温になることがあるのでデッキ用の履物が必要になります。

タイルデッキ

「高級感がある。」「都会的だ」「おしゃれ」などタイルの持つ風合いと施工によるデザイン性の高さから非常に魅力的なエクステリアがタイルデッキ。

タイルデッキのメリット

  • 耐久性が高くメンテナンスフリー。
  • デッキ下の草むしりが不要。
  • 温度がウッドデッキに比べて高温になりにくい。
  • 変色しない。
  • タイルのバリエーションが豊富。
  • 傷がつきにくい。
  • シロアリの心配が無い。

タイルデッキのデメリット

  • ウッドデッキに比べ費用は若干高い。
  • タイルの一部破損した場合、同じ商品が入手できない場合がある
  • タイルの一部破損した場合、同じ商品が入手できない場合がある

すまいポート21の外構事例 アンティークレンガの石畳と植栽の競演

すまいポート21の外構サービスの詳細、お申込みは、