皆さんは、リフォーム工事施工中はどちらにお住まいになることをお考えでしょうか。リフォームの規模が大きい場合、仮住まいを準備し、施工が完了するまでそちらで生活をしなければなりません。しかし、中にはどうやって仮住まいを準備すればいいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、「リフォーム中の仮住まいの選び方」について紹介いたします。

必要に応じて用意しよう

仮住まいの選び方について紹介する前に、まずそもそも仮住まいは本当に必要なのか確認すべきでしょう。一般的にリビングのリフォームの場合はリフォームを行いながらでも家に住むことは可能であるため、仮住まいは必要ないのです。
リフォームの内容や施工に要する期間などを確認し、仮住まいを準備する必要があるのかどうかを調べておくといいかもしれません。施工をする会社によっては、仮住まいを用意してくれる場合もあります。

家族構成によって選ぶべき仮住まいの種類は変わる

仮住まいが必要であると実際に選ぶことになりますが、このとき押さえておきたいポイントは家族構成を考慮することです。
住宅の種類は
●賃貸住宅 ●ウィークリーマンション ●マンスリーマンション ●ホテル の5つが挙げられます。
期間が短く家族の人数が4人ほどならばホテル、家族の人数が多く工事期間が2週間程度であれば賃貸住宅やウィークリーマンション、と言う風に、不便なく住むことのできるところを探してみるといいかもしれません。

家具やカーテンは使用可能か確認しよう

リフォームでお金が必要になるのに加えて、仮住まい先でさらに費用がかかってしまうというのはできるだけ避けたいものですよね。家具やカーテンのサイズが、仮住まい先の住宅で使用できないとなると、その短い期間のためだけに新しく買って用意しなければなりません。無駄な出費を避けるために、あらかじめ家具が仮住まい先でも使えるかどうかを確認しておきたいものです。

以上、リフォーム中の仮住まいの選び方について紹介いたしました。これからリフォームをすることをお考えの方は、仮住まいが必要なのかを確認し、今回紹介したポイントを押さえて部屋選びをしてみてはいかがでしょうか。施工が完了するまでの間も快適に暮らすためにも、周到な準備を心がけたいものですね。