「外構工事をしようと思っているけど、業者はどのような選び方をすればいいの?」このようにお考えの方は多いのではないでしょうか?
一度家を建てると簡単に変更できないので、業者選びから気をつけて考える必要があります。しかし、どのような選び方をすればいいか分からないですよね。そこで今回は、外構工事をするに当たって、どのような選び方をすればいい業者に会えるかについて紹介します。

お金に関する見方

外構工事はやはりお金がかかりますよね。実は、価格や払い方にも業者を選ぶ判断材料があります。業者選びに失敗しないためにも、お金に関することに気をつけるようにしましょう。

*安さだけを見て判断しない
価格は場所により変動します。しかし、基本的には、駐車場を含むアプローチ部のリフォームだと50万円から100万円程度、新築の外構工事は100万円から300万円程度です。高い場合はもちろん、安すぎる場合も気をつけなければなりません。なぜなら、極端に安すぎる場合、手抜き工事や材料費を削っている可能性があるからです。そのため、複数の業者から見積もりを受けて判断するようにしましょう。

*全額一括前払いの業者には注意!
基本的に工事代金の支払いは、契約時と着工時、完成時の3回に分けます。しかし、中には一括で前払いをしている業者があります。全額一括前払いをしている業者は、会社の資金が足りなくて困っている可能性が高いです。そのため、施工をしているときに倒産や持ち逃げする可能性があるので、支払い方法を変更するように頼んでみてください。応じてくれない場合は別の業者に変えてみた方がいいかもしれません。

 

外構工事業者を選べる建築会社にする

外構工事業者のほとんどは、建築会社との提携をしている会社が多数あります。つまり、建築会社に相談すると、その建築会社と外構施工会社が自動的に決まっている場合がほとんどです。しかし、1つの外構工事を指定されると、他の業者との比較ができません。比較ができないと、他の業者の方が信頼できたり安かったりしても気づけないので、外構工事を比較できる建築会社を選びましょう。

□まとめ
以上、外構工事をするに当たっておすすめの業者の選び方について紹介しました。難しそうな外構工事業者の選び方も、注意する点を理解すれば簡単だったことに驚かれた方も多いかもしれません。今回の記事を参考に自分に合った業者を選んでみてください。また、当社では複数の外構工事業者から比較できます。確かな施工術と実績を持つ外構工事業者がプランニングで競うので、ぜひご検討ください。