「納得して家を購入するためにも、注文住宅の費用の内訳について知りたいな」このような要望をお持ちではありませんか?注文住宅の購入は人生の中でも最も大きな買い物となるため、絶対に金銭トラブルは避けたいですよね。

注文住宅を建てる際にかかる費用は、建物の費用の他に必要なものがあります。そういった別途必要な費用を予算に組み込んでおかないと困ることになるかもしれません?。

しかし、そもそも注文住宅の費用がどのようにして決まるのか知らない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は家購入を検討している方に向けて、注文住宅の費用の内訳をお伝えします。

注文住宅の費用内訳の概要

注文住宅の住まい全体にかかる費用のことを総費用と言います。

総費用は、

  • 本体工事費
  • 付帯工事費
  • 諸費用

の3つで成り立っています。ここからはそれぞれ具体的に紹介します。

本体工事費

本体工事費は建物自体にかかる費用のことです。本体工事費の相場は総費用の75%〜80%と、注文住宅を建てる時で最もお金がかかります。

本体工事費には、

  • 足場、仮設トイレなどの設置にかかる「仮設工事費」
  • 建物の土台となる基礎を作る「基礎工事費」
  • 住宅の骨組みを作る「木工事」
  • 防水処理や雨どいの取り付けを行う「屋根工事」

などがあります。

付帯工事費

付帯工事費とは建物本体以外にかかる全ての工事の費用のことです。付帯工事費も基本的にローンに組み込めます。付帯工事費は環境によってかなり変わりますが、一般的に相場は総費用の10%〜15%です。

付帯工事費の代表例としては、

  • 地盤補強を行うのにかかる「地盤改良工事費」
  • 駐車場や庭などの工事にかかる「外構工事費」

があります。

諸費用

諸費用は本体工事費と付帯工事費以外にかかる費用のことで、現金で支払うのが一般的です。諸費用は総費用の5%〜10%が相場です。

諸費用は、

  • 印紙税、不動産取得税、登録免許税などの税金
  • 不動産登記を行うのに必要な不動産登記費用
  • 住宅ローンを借りるときに必要な住宅ローン費用
  • 引越し費用
  • 地鎮祭

などがあります。

ついつい諸費用に関しては忘れがちになりますが、2000万円程度の注文住宅なら200万円程度の費用が別途必要です。そのため必ず予算内に諸費用を含めておくようにしましょう。

■ まとめ

今回は注文住宅の費用の内訳についてお伝えしました。注文住宅の総費用は本体工事費、付帯工事費、諸費用の3つから成り立っています。特に諸費用は現金で10%必要なので、忘れないようにしておきましょう。

今回の記事を参考にして、専門家がしっかりとサポートする住まいづくりを検討してみてはいかがでしょうか?新築やリフォーム、最適な住まいの相談などがあればお近くのすまいポート21にお問い合わせください。