「注文住宅でルーフバルコニーを設置しようか迷っている…」 このようなお悩みをお持ちではありませんか?注文住宅を建てる際、せっかくなのでルーフバルコニーを付けたいと考える方も多いはず。

そうは言っても、ルーフバルコニーが本当に必要なのかわからないため、実際に設置するのは躊躇してしまいますよね。そこで今回はルーフバルコニーを設置するか迷っている方に向けて、ルーフバルコニーのメリットとデメリットについてお伝えします。

ルーフバルコニーとは

ルーフバルコニーはベランダと同じではありません。下階の屋根部分を室外のスペースとして使っているものを指します。ベランダは屋根が備え付けられている一方で、ルーフバルコニーには屋根がありません。

ルーフバルコニーのメリット

ルーフバルコニーのメリットは以下の3つです。

  • 日当たりが良い
  • スペースがあり、使用用途が広い
  • 開放感がある

日当たりが良い

ルーフバルコニーは屋根がないため、日当たりが抜群です。日当たりが良いと、洗濯物がすぐに乾くのもメリットと言えます。

スペースがあり、使用用途が広い

比較的大きなルーフバルコニーを設置すると、BBQやランチ、ディナーなどが外で楽しめます。そのため、ライフスタイルがより充実したものになるでしょう。

開放感がある

ルーフバルコニーだと、ベランダと違い屋根がありません。バルコニーから空もよく見えるため、開放感も抜群です。

ルーフバルコニーのデメリット

ルーフバルコニーのメリットは以下の2つです。

  • 洗濯物が濡れる
  • 防水性が低い

洗濯物が濡れる

ルーフバルコニーは屋根がないため、晴れの日には洗濯物がすぐに乾く一方で、雨の日に干すと洗濯物が濡れてしまいます。そのため、ルーフバルコニーを設置する前にその点も留意しておく必要があります。

防水性が低い

ルーフバルコニーは防水性が低く、雨漏りしてしまう恐れもあります。 雨漏りを防ぐためにも、バルコニー自体に加え、住宅工事の防水工事が必要です。

まとめ

今回はルーフバルコニーのメリットとデメリットについてお伝えしました。 ルーフバルコニーのメリットは

  • 日当たりが良く、洗濯物がすぐ乾く
  • BBQなど使用用途が広い
  • 空も広々として見えるため、開放感抜群

デメリットは

  • 雨の日に洗濯物が濡れてしまう
  • 防水性が低い

ことが挙げられます。

今回の記事を参考にして、専門家がしっかりとサポートする住まいづくりを検討してみてはいかがでしょうか?新築やリフォーム、最適な住まいの相談などがあればお近くのすまいポート21にお問い合わせください。