注文住宅には建売住宅には無いさまざまなメリットがあり、間取りや設計の自由度がとても魅力的です。そこで今回は、注文住宅の種類、注文住宅のメリット、よくある失敗をご紹介します。

注文住宅の種類をご紹介!

皆さんは、注文住宅に種類があることをご存知でしょうか。ここでは、注文住宅の種類についてご紹介します。

注文住宅は、「フルオーダー」と「セミオーダー」の2つに分類できます。「フルオーダー」は、使用する木材や断熱材、窓の種類など様々な項目について指定して設計する住宅です。この場合は、自由度が高いという利点があるものの、多少の専門知識が必要になり、セミオーダーと比べて工程が多いことを理解しておきましょう。

しかし、完全に好みに合わせ、世界に1つだけの建物になるのは魅力的ですよね。その一方で、「セミオーダー」の場合は基本的な仕様が前もって決めてあります。フルオーダーの場合は全ての項目を選びますが、セミオーダーの場合は、お風呂や洗面台、お手洗い、台所などの設備の色や外壁の色などを依頼者が決めるものです。

もちろん、セミオーダーであっても間取りを決められ、必要に応じてグレードの変更が可能な場合もあります。注文住宅ではセミオーダーを選択する場合が圧倒的に多く、「注文住宅」という言葉を聞いたらほとんどの場合、セミオーダーのことを指していると思って良いでしょう。

注文住宅のメリットはどんなもの?

ここからは、注文住宅のメリットをご紹介します。注文住宅は土地選びから自由に家づくりをするため、自由度が高いのが1番のメリットでしょう。どこに住むかをはじめ、どんな間取りやデザインにするか、どんな建材や設備を使うのかといったことまで、自分たちの希望を取り入れられます。

建築士や住宅メーカーと相談しながらオーダーメイドで理想の家づくりを目指せます。こだわりの間取りや理想の設備を取り入れたり、逆にこだわりのない部分は節約したりするなど、予算をかける部分とそうでない部分のメリハリを付けられるのも注文住宅のメリットです。

また、建築中の工事を見れるため、安心感を感じられるでしょう。そのため、定期的に期間を決めて実際にご自身で確認しに行くのがおすすめです。

注文住宅でよくある失敗例をご紹介!

ここからは、注文住宅でよくある失敗例をご紹介します。

1つ目は、「収納不足」です。居室の広さを優先させてしまい、収納が足りないという状況に陥ってしまうケースがあります。また、吊戸棚タイプの収納は日常では不便も多いため、設置しすぎないようにした方が良いでしょう。

2つ目は、「生活動線がスムーズではない」ことです。生活動線は家族ごとに異なるため、はっきりとした正解はないでしょう。家族のだれかひとりの意見が大きく反映されてしまった家では、生活動線の問題が起こりがちです。今だけではなく将来のことも考えて、家族みんなの意見を取り入れることが大切です。

3つ目は、「コンセントの失敗」です。あまり考えておらず、後々ストレスがたまるのがコンセント問題でしょう。何かを使うたびに電化製品を動かさなければならなかったり、延長コードが部屋の見た目を悪くしてしまったりと不満を抱える方が多いです。

住み始めてからコンセントについて悩むことがないように、あらかじめどの位置にどのくらいの数のコンセントがあると良いか考えておきましょう。

 

■ まとめ

今回の記事では、注文住宅の種類やメリット、よくある失敗をご紹介しました。注文住宅には様々なメリットがあります。しかし、あらかじめ注意点を押さえておかないと、失敗してしまう場合もあります。注文住宅をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にして理想のマイホームを作ってくださいね。