先日、お花をいただきました。
しかし自宅には花瓶がありません。もちろん、剣山やオアシスもありません。

ふと、最初の転職の時に送別会でいただいた花束を思い出しました。
あの頃はワンルームに住んでいましたので、当時ももちろん花瓶は無く、小さなコップをあらゆるところに置き、しばらくの間花にかこまれた生活をしました。
でも、生け方がとても残念だったので、決して「花に囲まれて幸せ~」という感じではなかったように思います。

そんな思い出を反省材料に、今回はきれいに飾ってやるのだ!と気合を入れて挑んでみたのですが、またしてもひどい有様に。
次第にヤケになり、「葉っぱが邪魔なんだな」と葉を取り除き、コップに合わせて茎をカットし・・・と繰り返していたら、家族が「大丈夫なの?」と心配になるほど短くカットされた花々になってしまっていました。あーあ・・・

そこで底の浅いボウルを持ち出してこんもり生けてみたのがこれです↓↓

ボウルアレンジ

意外にうまく行ったと思いませんか??
そしてこのお花、既に1週間経過しているのですが何故か元気なのです。
蕾だったバラは咲きはじめ、他の花も枯れることもなくピンとしています。

聞いてみたら、葉っぱは取った方が水分が花にいくので花もちが良くなるそうです。
茎も短くカットしてしまいましたので、水分を吸い上げやすかったのでしょう。
ボウルアレンジ
もう一つ、白い花を集めてリボンをかけたボウルも作ってみました。
これも1週間経過していますがまだまだ元気です。

そういえば、庭でバラを育てている母が、咲いてしばらく経ったバラを摘み、茎を数センチまで短く切って水を張ったボウルに浮かべているのを思い出しました。
なんだか華やかなそのボウルが好きだったのですが、長持ちさせる工夫だったのかもしれません。

最初のアレンジは失敗でしたが、今回はこれで良かったのだと自己満足しています。