注文住宅を新築でお考えの方必見|オススメの平屋の間取りとは?

これから新築を建てようとお考えの方の中で、平屋にしようと思っている方はいらっしゃいませんか?
最近では開放感のある間取りにできる平屋が人気を集めています。

二階部分がないため、屋根裏スペースを収納のために効率良く使えるなどさまざまな理由から人気を集めている平屋ですが、ではどんな間取りにすれば快適な暮らしを送れるのでしょうか。
そこで今回は、オススメの平屋の間取りをご紹介します。

リビングを中心にした間取り

平屋のメリットは、家族全員が同じフロアで生活を送ることができるという点にあります。
そのため二階建ての住まいよりも家族間のコミュニケーションを密にできます。
せっかくですから、この点を活かしてより家族間のコミュニケーションを活発にするためにも家族みんなが暮らす空間であるリビングを中心にした間取りを考えてみませんか?
住まいの中心にリビングを配置して、そのリビングを通過してから各自のお部屋に行くことのできる間取りにする方は多くいらっしゃいます。
こうすれば学校から帰ってきたお子様と顔を合わせて、いつでもお子様の様子を確認できますよ。

玄関ホールをなくした間取り

平屋の場合、2階建てと比べてお部屋に使える面積が減ってしまっていることは事実です。
その欠点をカバーするために玄関ホールをなくしてしまいませんか?
玄関を入って廊下を渡ってお部屋に至るという過程をすべて削って、玄関に入るとすぐ目の前にリビングが広がっているような住まいをつくってみてはいかがでしょうか。

こうすることで、玄関や廊下にスペースを取られることなくリビングのスペースを広々と確保していただけますよ。
更に玄関ホールや廊下の建設費用を削ることができますので、費用面から見てもおトクです。

客間は玄関横に配置する

お客様をお迎えすることが多い方であれば、客間を玄関から入ってすぐの場所につくるようにしましょう。こうすることで、お迎えしたお客様に自分の住まいのプライベートな部分を見せなくて済むため、とっさの来客にも対応することが可能になります。

更にプライベートの面を見せないためにはトイレの設置位置を工夫するようにしましょう。
来客もトイレを使うことを考えると、玄関からすぐの場所にトイレを設置するとプライベートの面が目に触れることがありません。

このように、ポイントは来客の通る道にあなたの住まいのプライベートの部分が来ないようにすることです。
リビングを通らないと客間に行けないというような間取りは、プライバシーや防犯面から見ても避けたいものです。

今回はオススメの平屋の間取りをご紹介しました。
平屋の間取りをお考えの際にはぜひ参考にしてみてくださいね。
注文住宅を新築でお考えの方は、ぜひその他の弊社事例と設計コンペプラン事例についてもご覧ください。
施工実例:https://www.sumai21.net/contents/example/index.php
設計コンペプラン事例:https://www.sumai21.net/contents/madori/index.php