住まいのリフォームをする際に、近所への挨拶は必要なのか疑問に思われている方も多いと思います。結論から言うと、リフォーム前の挨拶はした方が良いです。それは、リフォーム前に挨拶を済ませることによって、トラブルや印象の低下を防げる可能性があるからです。

今回の記事では、リフォーム前の挨拶が必要な理由、挨拶のタイミング、挨拶をする際のポイントをご紹介します。今回の記事を参考にして、リフォームの際の近所との付き合い方について考えてみてください。

リフォーム前の挨拶が必要な理由とは

トラブルの回避

1つ目は、トラブルを回避するためです。リフォームのトラブルのなかでも、近所の方とのトラブルが最も起こりやすいことをご存知でしょうか。部分的なリフォームや室内のリフォームだから問題ないと思っていても、実際には迷惑が掛かってしまう場合もあります。

リフォームをする際には、マナーとして事前に伝えてくのが賢明でしょう。一言でも伝えておけば、印象は大きく変わります。

車の出入り

2つ目は、リフォーム中に車が邪魔になるかもしれないからです。リフォームをする際には業者の方が作業を行うため、近隣に駐車をすることになります。資材や機器を積んでいる場合には、大きな車で来ることもあるかもしれません。

その場合、車が邪魔だということで近所の方に迷惑をかけてしまうケースが多いのです。事前の挨拶で車が来るかもしれないことを伝えておけば、後から口論になることを防げるでしょう。

騒音

3つ目は、騒音がもとで近所の方を不快にさせてしまう可能性があるからです。リフォームをするとなると、大きな作業音が発生してしまうこともあります。

事前に何も伝えずに騒音を出してしまうと、近所の方から苦情が来る可能性があります。近所の方に不快な思いをさせないように、事前の挨拶で騒音について話しておくのが良いでしょう。

挨拶のタイミングはいつ?

近所への挨拶は、リフォーム開始の1週間前に済ませておくと良いです。直前に知らせてしまうと、近所の方にとって都合が悪い場合もあります。訪問時間は、比較的家にいる可能性の高い、土日の午前中がおすすめです。留守だった場合には、手紙を投函しておくと安心ですね。

挨拶をする際のポイントとは

近所に挨拶をする際には、気を付けるべきポイントがあります。これらもしっかり確認しておきましょう。

1つ目は、早朝や夜間、食事時の訪問は避けることです。早朝は忙しくしている方が多いですし、夜間や食事時は挨拶をするには好ましくありません。週末の午前中に訪問する場合も、午前10時以降にするのが賢明です。

2つ目に、リフォームの挨拶をするときは、なるべく世帯主が訪問するようにしましょう。多忙で訪問が難しい場合には、ほかの大人が出向いても良いです。もともと付き合いがある場合には、家族で挨拶に行くのもおすすめです。

3つ目は、粗品を持参することです。近所への挨拶は、粗品を持っていくとスムーズに進めやすいです。タオルや洗剤、ウェットティッシュのような500円~1000円のものを持っていくのがおすすめです。食べ物は好き嫌いやアレルギ―の可能性があるため、あまりおすすめできません。

4つ目は、必要事項を伝えることです。ただ挨拶をするだけでなく、リフォームに関して詳しい情報を伝えることが大切です。リフォームの期間や作業の時間帯、周囲に与えるかもしれない影響、施工主か業者の連絡先などの情報を忘れず伝えるようにしましょう。

 

■ まとめ

今回は、リフォーム前の挨拶が必要な理由、挨拶のタイミング、挨拶をする際のポイントをご紹介しました。リフォーム前の挨拶の重要性と注意すべきポイントについて理解していただけましたでしょうか。リフォームをする際には、今回の記事を参考にして挨拶を行ってみてください。